楽天 楽天モバイル

【2022年8月最新】楽天モバイル|小・中学生スマホ乗り換え先を徹底解説!

Rakuten_mobile_norikae
悩んでる人

「楽天モバイル」の0円プランが廃止・・・

2022年7月1日から、新料金プラン月額1,078円〜に変更。

今まで子供たちのスマホは楽天モバイルで0円で活用してたけど・・・

今後はどうしよう?

 

あなたの、こんな悩みを解決します!

 

筆者も小学生と中学生の子供を持つ親です。
これまで「楽天モバイル」と「自宅のWi-Fi」で子供たちの2台のスマホを「0円活用」してきました。

そのため、5月13日の楽天・三木谷氏の発表は衝撃でした・・・とはいえ「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」は仕方がないかと納得してはいます。

今回、楽天モバイルの新プランの発表をうけて、お子さんのスマホの乗り換えを検討している親御さんも多いはず。(※新プラン適用は、2022年7月1日から)

そこで、慌てて乗り換えて失敗をしないために、「おすすめの乗り換え先」について解説していきます。

 

本記事の内容

  • 子供向けプランは「日本通信SIM」が最適!
  • 「日本通信SIM」なら月額290円から使える!
  • 「povo2.0」がおすすめでない理由
  • 携帯各社の「低容量プラン」を比較

 

筆者について

  • くらいむ(@climbkrym1223
  • 40代、2人の娘のパパ
  • 主に楽天サービスを活用してポイ活中!

 

筆者は、2020年4月から楽天経済圏へ移住をしました。

移住からの1年半で獲得をした楽天ポイントは「15万ポイント以上」2021年の1年間では「10万ポイントほど」です。

 

rakuten-10manpt

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 「小・中学生」の子供がいる
  • これまで、楽天モバイルを0円で利用していた
  • 「子供用スマホ」のおすすめプランが知りたい
  • 月のデータ使用量は、1GB以内
  • 自宅に「Wi-Fi環境」がある
  • 電話はほとんど使わない

 

くらいむ

この記事を読めば、お子さんのスマホプランの最適解が分かりますよ!

筆者の結論としては・・・
「日本通信SIM」が、コスパ・使い勝手の面から1番のおすすめです。

 

それでは、詳しく解説をしていきます。

 

【楽天・関連記事】

【楽天経済圏】低SPUでも10万ポイント獲得するコツ|キャンペーン活用術

「楽天経済圏」最強の活用法は「Amazon」と併用!?|メリットだらけの快適生活!

【知らなきゃ損】楽天ふるさと納税の最大活用法|最大1万2千ポイント獲得も!

【厳選】楽天ふるさと納税|おすすめ返礼品(レビュー付き)!|

【常識】楽天ポイントは楽天市場で使うと損|お得な使い道は?徹底解説!!

【楽天カード・2枚目の意味は?】発行が必須な理由を解説|ポイント獲得だけじゃない!

【簡単解説】高還元率クレカ・楽天カードを作る時の注意点!

【楽天証券】ジュニアNISA口座へ入金|簡単4ステップ|親の銀行口座→子供の証券口座

【楽天ROOM】お小遣い稼ぎに最適!|仕組み・始め方・注意点を解説|

 

 

「合理的シンプル290プラン」は小・中学生向け1番のおすすめ!

日本通信SIMとは

 

日本通信SIM」は格安SIMを提供する会社で、日本通信株式会社が取扱う格安SIM「b-mobile」とは兄弟ブランドです。

 

大手キャリアのサブブランドに対抗したプランを打ち出しており、細かくユーザーのニーズに合わせたプランが魅力です。

 

「合理的シンプル290プラン」がおすすめ!

出典:日本通信SIM 公式サイト

 

「合理的シンプル290プラン」

  • 月額290円から使えて、業界でも最安級!
  • 音声通話が付いている!
  • eSIM対応
  • データ使用量の上限設定が可能
  • 安心のドコモ回線

 

データ容量料金(※税込価格)音声通話
1GB290円11円/30秒
2GB(1GB追加)510円 最安価格!11円/30秒
3GB(2GB追加)730円 最安価格!11円/30秒

 

 

「合理的シンプル290プラン」はドコモ回線を利用しています。繋がりやすさはドコモと同様なので安心して使えます。


「1GB & 音声通話付き」が290円と最安級!
データ量は「1GB/220円」で追加が可能!


あらかじめデータ使用量の上限値を「1GB単位」で決められるので、「気づいたら想定の容量を超えていた」なんて事もないので安心です。

(※上限値を3GBに設定した場合でも、使用量が1GB以内なら料金は使った分の290円でOK)

 

データ量が3GBくらいまでのライトユーザーなら断然おすすめ!ただ、3〜4GBを超過する場合は、使用シーンを考慮して他の格安SIMや携帯キャリアを検討するのもありです。

 

なお、楽天のオリジナルスマホ(Rakuten Hand、Rakuten BIG、Rakuten Miniなど)の「eSIM端末」は動作保証の対象外となっているので、乗り換えには注意が必要です。

 

小・中学生で、これまで楽天モバイルを使っていて、毎月のデータ容量も1GB未満なら、乗り換え先の最有力にあがるプランです!(povo2.0が最適でない理由は後述します

 

通話料金は大手の半額の11円/30秒

 

日本通信SIMなら、「通話専用アプリ」を使わずにデフォルトの電話アプリで高品質な通話が「11円/30秒」で可能。これは、大手キャリア(22円/ 30秒)の半額です。

一部の格安SIMや携帯キャリアは、「通話専用アプリ」を使わなければ「22円/ 30秒」の通話料がかるので注意が必要です。

 

なお「70分通話無料:+700円」「通話かけ放題:+1600円」のオプションも選択が可能。

 

 

日本通信SIMの注意点

 

こんな人は注意すべき

  • 昼どきや夕方にモバイル通信でスマホをよく使う
  • データ容量の超過後もネット検索がしたい
  • 初期費用をかけたくない
  • スマホも一緒に購入したい

 

日本通信SIMはMVNO

 

日本通信SIMは「MVNO」(※1)です。

そのため、昼どきや通勤・通学の時間帯、人が密集するエリアなどで利用者が多いときには通信速度が低下することがあります。

ただ、学生がLINEなどを通信手段で使う分にはさほど支障ない程度です。

(※1)通信インフラを、ドコモ・au・ソフトバンクなど、他社から借りてサービスを提供する事業者のこと

 

データ量超過後は、通信不可に

 

日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」は、設定したデータ量を超過した場合に通信が不可になります。

他の格安SIMでは、データ超過後は速度制限がかかって低速通信になるモノもありますが、日本通信SIMの場合は通信が不可になります。

 

データを補充したい場合は、日本通信のWebサイトへアクセスしてデータ量を上げれば通信が再開されます。

 

初期設定では、データ通信上限は「10GB」に設定されているため、少量のギガで活用をしたい場合は、使用開始時に上限値を変更するのがおすすめです。

 

フィルタリングサービスが有料

 

2018年2月から「改正青少年インターネット環境設備法」が施行され、18歳未満の青少年がモバイル通信サービスを利用する場合には、原則としてフィルタリングサービスの利用が必要になりました。

 

日本通信SIMでは、「お子様を守るiフィルター」というフィルタリングサービスを月額396円で提供していますが、大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクでは「あんしんフィルター for 〇〇」というサービス名で「無料」で提供しています。

 

ただ、この「お子様を守るiフィルター」は、保護者が不要申告をすれば解除が可能です。

無料で使えるフィルタリングサービスも幾つかあるので月額を抑えたい場合はそちらがおすすめです。

 

無料で使えるフィルタリングサービス

 

初期費用が必要

 

日本通信SIMの契約には、事務手数料として「3,300円」が必要になります。

他社では、乗り換えにかかる事務手数料をキャンペーンで実質無料にしていたりします。

「OCNモバイルONE」「IIJmio」「maineo」などは、事務手数料が無料になるエントリーパッケージを、Amazonで300円〜400円ほどで販売していたりします。

 

日本通信SIMも、Amazonでスターターパックを販売してますが、料金は「3,000円」。

公式サイトよりも300円安くはなりますが、他社ほどの値引きはしていません。

 

日本通信SIMではスマホの販売はしていない

 

 

日本通信SIMではスマホの販売はしていません。
親のお下がりを子供に持たせる場合はSIMだけの購入で問題ないですが、スマホの本体も購入する場合は他社で検討が必要です。

 

おすすめは、下記の2社です。

 


「データ容量のシェア」や「高速通信のON/OFF」など、似たサービスも多い2社です。

どちらもセット端末を豊富に揃えているので、お目当てのスマホがあるのなら両社を比べて検討するのがいいです。

 

出典:OCNモバイルONE公式サイト

 

 

OCNモバイルONE

  • SIMとセットの端末が安くてお得!
    ※中古iPhoneが、1円〜買える!
  • ドコモ回線で繋がりやすく通信速度も早い!
  • 10GBまでのライトユーザーにおすすめ!
  • Amazon Musicなど特定のミュジックサービスの通信容量がカウントフリー
  • 余ったデータ容量が繰りこせる
  • 「バースト機能」で低速通信でも快適!
  • 家族間などで「容量シェア」ができる
  • 「節約モード」で簡単に通信容量を節約できる

 

出典:IIJmio公式サイト

 

 

 

IIJmio

  • セット端末が安くて豊富!※2022年6月現在で34種類
    ※他社から乗り換えだと更に安くてお得!
  • お得なキャンペーンが豊富!
  • 20GBまでの、ライト〜ミドルユーザーにおすすめ!
  • ひかりとセットで、月額660円引きになる
  • 余ったデータ容量が繰りこせる
  • 「バースト機能」で低速通信でも快適!
  • データ容量のシェアができる
  • 高速データ通信のON/OFFが可能

 


IIJmio 夏のお得なキャンペーン!

2022年7月31までのお得な「4つの特典」

  • 特典①:月額料金 ¥300割引x6ヶ月
    ※音声2ギガの場合 ¥850¥550
  • 特典②:初期費用割引 ¥3,300¥2,200
  • 特典③:通話定額オプション¥410割引x6ヶ月
    ※5分かけ放題 ¥500¥90
  • 特典④:他社から乗り換えてスマホ代がお得!

 


他社の携帯プランとの比較

povo2.0がおすすめではない理由

出典:povo公式サイト

 

「povo2.0」でも変更前の楽天モバイルと同様に、基本料金0円で使うことができます。

ただ、楽天モバイルの「0円プラン」との違いは下記のとおり

 

povo2.0と楽天モバイルの違い

povo2.0

  • データ通信が低速(128kbps)
  • 高速通信には有料の「トッピング」が必要
  • 音声通話が従量制(22円/30秒)

楽天モバイル

  • 高速通信で1GBまで無料
  • 音声通話はRakuten Linkで無料

 

同じ「基本料0円」でも使い勝手は全くことなります。

 

データ通信は低速の128kbps

 

「povo2.0」は月額0円で利用できるが、データトッピングをしないと通信速度は128kbpsと低速です。

 

これまで、楽天モバイルを0円で活用して、SNSやWeb閲覧などを1GB以内の高速通信で快適に使用していた場合は、乗り換え先の候補にするのは難しいです。

 

128kbpsだと、「LINE・メール・通話など」が利用できる程度なので「外出先ではWeb閲覧はしない」という方であれば、検討の余地ありです。

(※「Instagram」や「TikTok」など動画や画像がメインのSNSは閲覧が難しいです。)

 

高速通信にはデータトッピングが必要

出典:povo公式サイト

 

「povo2.0」でデータトッピングをする場合に気をつけたいのが、使用期間が決まっているということです。

 

最小の「1GBトッピング」の場合、使用期間は「7日間で390円」です。

 

これまで、外出時に「Web閲覧」や「インスタグラムなどのSNS」を見て、1ヶ月間を1GB以内で利用していた人には、「povo2.0」では同様の活用ができません。

 

「povo2.0」で高速通信を1ヶ月間利用したい場合には、「3GBトッピング」の「月額990円」が必要になります。

 

povo2.0の注意点

 

「povo2.0」は、180日間に下記の利用がないと自動的に解約されてしまいます。

 

180日以内にどちらか利用

  • 期間内に「有料トッピング」を購入
  • 通話・SMSで「660円」以上利用

 

月額0円とはいってますが、完全に0円での活用はできない仕組みになっています。

また、都度でデータのトッピングをする必要があるので、面倒な方には向いていないプランです。

 

「楽天モバイル」→「povo2.0」に向いている人

 

「楽天モバイル」から「povo2.0」の乗り換えに向いている方は、このような方です。

 

「povo2.0」0円活用に向いている人

  • 小学生以下のお子さん
  • 外出時のWeb閲覧はしない
  • 連絡手段は「LINE」のメール&通話
  • 通常の音声通話は利用しない

 

小学生が、習い事の行き帰りに携帯する程度であれば「povo2.0」の0円活用でも大丈夫そうです。

通常の音声通話も有料ですが付いているので、緊急時には「110番・119番」にもかけられます。

 

 

1GBまでの料金比較

 

 

下の表は、携帯各社の1GBまでの料金と特徴です。(※1GBプランがない会社もあります)

 

キャリア・SIM1GBの料金(音声通話付)回線備考
日本通信SIM290円ドコモ1GB超過後は、通信不可
HISモバイル290円(100MBまで)
550円
ドコモ1GB超過後は、200kbpsで通信可能
音声通話は、最安の9円/30秒
povo2.0390円au但し、データの使用可能な期間は7日間
データ未購入の場合、通信速度は128kbps
OCNモバイルONE770円
※550円(500MB)
ドコモ格安スマホが安価で購入可能
データ繰り越しが可能
IIJmio850円(2GB)ドコモ・au格安スマホが安価で購入可能
2GBまで高速通信が可能
イオンモバイル858円ドコモ・auデータ繰り越しが可能
1GB/+110円でデータ追加が可能
楽天モバイル1,078円(3GB)楽天3GBまで高速通信が可能
Rakuten Linkで通話は無料
mineo1,298円ドコモ・au・ソフトバンク1GB超過後は、+385円で最大通信速度1.5Mbps使い放題のプランあり

 


「HISモバイル」は、旅行会社のエイチ・アイ・エスと、「日本通信SIM」を提供する日本通信株式会社が共同出資をして設立した格安SIMの会社です。

 

日本通信SIMと同様に290円プランがありますが、データ容量は100MB未満です。(※データの上限値を「100MBまで」に設定することはできません)

 

1GBまで550円で使えますが、日本通信SIMなら2GBまで510円で使えます。

ただ、HISモバイルは、1GBのデータ超過後も「最大200Kbps」に低下はしますが低速通信が可能です。

意外と200kbpsでもできることは多いです。

 

200Kbpsでできること

  • LINEの送受信(テキスト・軽い画像)
  • LINEの音声通話(ビデオ通話は困難)
  • メールの送受信(テキスト・軽い画像)
  • Twitter(テキスト閲覧に切り替え)

※YouTube・Instagram・TikTokなど動画をストリーミング再生するようなアプリは、閲覧が困難です。

 

まとめ

この記事のポイント

  • 子供向けスマホプランは「日本通信SIMが最適!
  • 「日本通信SIM」なら月額290円から使える!
  • 「povo2.0」の「0円活用」は、注意が必要!
  • 「日本通信SIM」はスマホの販売はしていない
  • スマホもセットで購入なら「OCNモバイルONE」「IIJmio」がおすすめ!

 

これまで、子供に楽天モバイルを持たせていて、外出先でも1GB以内で高速通信を使っていた場合は、日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」が最有力の乗り換え先になります。

 

外出先で高速通信が不要であれば、「povo2.0」で月額0円での活用も可能です。(※実際には180日以内のデータトッピングが必要)

 

お子さんの利用シーンにあわせて検討してみてください。

 

くらいむ

今回、楽天モバイルの基本料0円の終了にともなって、小学生・中学生のおすすめ乗り換え先をを解説しました。

スマホ業界は変化が早いので、また子供に適したプランやキャンペーンが発表されたら更新をしていきます!

ぜひ、参考にしてみてください!

 

ちなみに我が家では、私の携帯は引き続き「楽天モバイル」を継続します。

2022年7月で楽天の「0円プラン」は終了ですが、楽天モバイルユーザーで「毎月1GB以上」&「Rakuten Link の無料通話をフル活用」していた方には、「0円プランの終了にともなう4つのキャンペーン」で更にお得になりました。

 

出典:楽天モバイル公式サイト

 

4つのお得なキャンペーン

  • 楽天市場でのお買い物が
    ポイント最大6倍!
  • プラン料金1GBまで実質無料
    〜10月31日まで
  • Youtube Premium
    1,180円/月が→3ヶ月無料
    ※他楽天サービスも無料期間あり
  • 15分の標準通話かけ放題
    1100円/月が→3ヶ月無料

 

 

 

\楽天モバイル・新規&乗り換えはこちら/

 

楽天モバイルユーザーは、ポイント最大6倍のうち、実質最大2ポイントが加算されます。

 

最大2ポイントが加算

  • 楽天回線の利用で +ポイント1倍
    ※だれでも加算
  • ダイヤモンド会員なら +ポイント1倍

ポイント獲得には、エントリーが必要
→6月10日からエントリーが不要

 

最近は、SPUの改悪が目立っていたので、楽天ユーザーには朗報です。

 

また、これまで楽天モバイルを利用していなかった方には、お得に乗り換えられるチャンスです!

 

上で紹介した「4つのキャンペーン」も含め、更にお得な企画をいくつも開催中です!

 

出典:楽天モバイル公式サイト

 

お得な乗り換えキャンペーン

  • 他社から乗り換え&iPhone購入
    最大30,000円相当分ポイント還元
  • 他社から乗り換え&Android購入
    最大25,000円相当分ポイント還元
  • 他社から乗り換え(回線のみでOK)
    最大20,000円相当分ポイント還元
  • 楽天ひかりと同時申し込みで、ひかり料金
    4,180円〜5,280円/月が →1年無料

 

 

\「スマホも購入」激トク乗り換えはこちら/

 

これらのキャンペーンを上手く活用できる方なら、楽天モバイルへの乗り換えはありです!


「月3GBまでのライトユーザー」の場合、楽天モバイルなら24時間かけ放題も付いて「1,078円」と破格の安さです! 

回線のみを他社から乗り換えたとしても、1年半分のスマホ代 がポイント還元されます。
(※月額1,078円x18ヶ月=19,404円)

 しかも、大手キャリアの通話料金は30秒22円。
「ひと月25分の通話で1,100円」なので、これだけで楽天モバイルの3GBまでの料金を超えます。

 

各社「通話かけ放題」プランの料金は下記のとおり。

 

キャリア・SIM「通話かけ放題」の月額料金
楽天モバイル0円
ahamo1,100円
mineo1,210円
IIJmio1,400円
OCNモバイルONE1,430円
LINMO1,650円
UQモバイル1,870円
Yモバイル1,870円

比較をすると、楽天モバイルのお得さが際立ちます。


楽天は、2020年4月のサービス開始時には
先着300万名の月額料金1年間無料」を発表し
2021年4月からは今回廃止になった従量制プランで
1GB未満は0円」を開始したりと、話題にこと欠かないキャリアです。

 

今後もその動向に注視して、お得な活用法があれば解説していきます!

 

以上、くらいむでした!

 

【楽天・関連記事】

【楽天経済圏】低SPUでも10万ポイント獲得するコツ|キャンペーン活用術

「楽天経済圏」最強の活用法は「Amazon」と併用!?|メリットだらけの快適生活!

【知らなきゃ損】楽天ふるさと納税の最大活用法|最大1万2千ポイント獲得も!

【厳選】楽天ふるさと納税|おすすめ返礼品(レビュー付き)!|

【常識】楽天ポイントは楽天市場で使うと損|お得な使い道は?徹底解説!!

【楽天カード・2枚目の意味は?】発行が必須な理由を解説|ポイント獲得だけじゃない!

【簡単解説】高還元率クレカ・楽天カードを作る時の注意点!

【楽天証券】ジュニアNISA口座へ入金|簡単4ステップ|親の銀行口座→子供の証券口座

【楽天ROOM】お小遣い稼ぎに最適!|仕組み・始め方・注意点を解説|

 

 

 

-楽天, 楽天モバイル
-, ,