Blog ブログ

【SEO対策】スマホの表示速度が遅い!?|超簡単にスコア55点→91点にした方法

SEO対策・モバイル表示速度を劇的に改善・スコア55点から91点に改善した方法
悩んでる人

サイトの「表示速度が遅い」と上位表示されないってホント? 速度が遅かったら改善したいけど、そもそも表示速度ってどうやって測るの?


こんな悩みを解決します!

(2022年3月に最新の情報にアップデートしました)


本記事の内容

  • Webサイトの表示速度の測定方法
  • 表示速度がSEOにあたえる影響
  • 表示速度の改善方法
  • 改善に有効なプラグイン


筆者について

  • くらいむ(@climbkrym1223
  • 40代、2人の娘のパパ。
  • 本業では服飾業界に20年以上勤務中。
  • ブログ開始後、20日で初収益。


筆者は、2021年10月からブログを開始。
初月から収益化に成功し・翌月にはGoogle adsenseにも合格。
自身がブログ運営で学んだことを備忘録もかねて発信中。


今回は「Webサイトの表示速度の測定と改善方法」について解説をします。


この記事は、下記のような方におすすめです。

  • 自身のサイトのページ表示速度が知りたい
  • 表示速度がSEOにあたえる影響を知りたい
  • 簡単にページの表示速度を上げたい



くらいむ

みなさんは、自身のサイトの「表示速度」をご存知ですか?


私は、少し前に「速度が早いと言われるテーマに変更」をしたばかりなので、大丈夫だろうと思っていたところ、思わぬ結果がでました。

  • 携帯電話:スコア 55点
  • デスクトップ:スコア 99点

    ※数値は100点満点


「デスクトップ」は申し分ないですが、問題は「携帯電話」

スマホで検索して、なかなか表示をされないページは、みなさんブラウザバックしてしまいますよね。

GoogleのSEO的にも「低評価をうける要因」となるので、もし数値がわるい場合は対策が必須となります。


この記事では、筆者がスマホの表示速度を「55点から91点 に改善」をした方法を、図解も付けて分かりやすく説明します。

くらいむ

自身のサイトの表示速度が気になる方は、ぜひ最後までご覧になってください。 速度が遅くても簡単な設定だけで改善が見込めます。


それでは、詳しく解説をしていきます。


「PageSpeed Insights」でWebサイトの表示速度を調査


Webサイト表示速度を測定


サイトの表示速度を調べるツールはいくつかありますが、「PageSpeed Insights」ならデスクトップとモバイルのそれぞれの表示速度が図られます


PageSpeed Insights」はGoogleが提供しているツールです。

速度のの診断と、速度に問題がある場合には、その対策も示してくれます。


測定は簡単。自身のサイトのURLを貼り付けて「分析」をクリックするだけ。


表示速度の測定結果


当ブログの分析結果は下記のとおり。

パフォーマンス:55点

PageSpeed Insights−55


特に「表示速度が早い」と言われているテーマの「AFFINGER6」に変更をしたばかりなので正直ショックでした。

また、速度対策のプラグインもいくつか入れていたので、速度が遅いことに更に驚きでもありました。

計測時に導入済みのプラグイン

  • EWWW Image Optimizer(画像の自動圧縮)
  • Autoptimize(サイトの遅延読込み)



表示速度とは、クリックしてからページが表示されるまでの時間のことです。

現在は「モバイルユーザーが7〜8割」を占めています。今回の筆者の例でいうと、7〜8割のユーザーに対して55%のパフォーマンスしか出せていないことになります

このままでは、ブログの記事の内容よりも前に「Googleから低評価をうけ」さらには「だれにも読まれない記事」になってしまいます。

それが、ほんの数分ほどの対策で下記のように改善しました。

パフォーマンス:91点

PageSpeed Insights−91


まずは、現在の自身のサイトの表示速度を調べてみてください。
PageSpeed Insights


※スコアの基準は下記のとおりです。

スコア基準
90〜最適化されている。
50~89改善の余地がある。
0~49改善すべき部分がかなりある。


Webサイトの表示速度がSEOにあたえる影響



表示速度はSEOにとって重要


結論からいうと、表示速度の遅いサイトは「SEO」に対して重大な悪影響をあたえます。

Googleは「サイトの表示速度」について「SEO」の重要な項目の1つとして定めています。

それは、下記の「Google検索セントラル」にて公表をされています。

「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」


「スマホの表示速度が遅い!」改善する方法は?



表示速度の改善方法


表示速度を改善する方法

  • javaScript、CSSの最適化
  • 画像の圧縮
  • 画像の遅延読み込み(プラグインを活用)
  • サーバーの応答時間の改善

 などが挙げられます。


今回は、①の「javaScriptの最適化」について解説をしていきます。


使用していないJavaScriptの削減


「PageSpeed Insights 」で詳細を確認すると、筆者のサイトでは「使用していないJavaScriptの削減」という項目が表示速度にわるい影響を与えていました。


プラグイン「Flying Scripts by WP Speed Matters」で対策


改善の手順はとても簡単です。
「Flying Scripts by WP Speed Matters」というプラグインをインストールして簡単な設定をするだけ。



まず自身のワードプレスにプラグインをインストールしてください。


筆者は既に「有効」になってますが「今すぐインストール」を押下してください。


「Flying Scripts by WP Speed Matters」は、JavaScriptの読み込みを「一時的に飛ばす」ことができるプラグインです。

(※通常サイトを開く際は、画像を拡大したり動かしたりする「JavaScriptに関する動作」を一気に読み込もうとします。そのためサイトの「表示速度が遅く」なってしまいます。)



インストールして「有効化」まで完了したら「PageSpeed Insights 」の「使用していないJavaScriptの削減」をクリックして詳細を確認します。

  • ①、下の画像の赤枠部分をコピーします。(/ 〜.js までの部分です)



  • ②、下の画像のようにプラグインを立ち上げて、設定> Flying Scripts> Settings> と開く。

    「Include Keywords」の枠に、①のコピーを貼り付けて「Save」をしたら完了です。



結果は下の画像のとおり(1.65s→0.45sに改善)
これだけで「スコアが55→91」に改善しました。




まとめ:【SEO対策】スマホの表示速度を劇的に改善


この記事のポイント

  1. 自身のサイトの表示速度が測定できる。
  2. 表示速度の遅いサイトは「SEO」に対して重大な悪影響をあたえる。
  3. プラグインで簡単に「Java Script」の問題が解決できる。


今回、筆者がおこなった対策はご覧のとおりです。

ものの数分で「スコア55点」から「スコア91点」に改善できました。

筆者もふくめ、プログラミングの初心者や素人の方にとっては「Java Scriptsのコード」などは、できれば触りたくない部分ですよね。

今回の「Flying Scripts by WP Speed Matters」があれば、難しい知識はなくても「Java Scripts」に関する問題が解決することができます。

もし「JavaScriptが起因する表示速度の問題」でお困りの方は、ぜひ試してみてください。

「表示速度の改善」の補足として、ご自身の問題が「適切な画像のサイズ」だった場合は、先ずは下記の2つで対策をしてみてください。

  • プラグイン:EWWW image optimizer
    (自動ですべての画像を圧縮するプラグイン)
  • 無料圧縮サイト:tiny ping
    (1度にまとめて20画像の圧縮が可能)



また、根本の部分で表示速度には「サーバーの速度」が影響をします。

当ブログでは「ConoHa WING」を使っています。

今回、解説をした「JavaScript・画像の圧縮」でも速度の問題が解決せずに「下記の2社以外のレンタルサーバーをご契約中」の場合

サーバーの乗り換えを検討してみても良いかもしれません。※2社とも「レンタル料が国内最安クラス」で、かつ「国内最速クラスの速度」のレンタルサーバーです。



自身のサイトの表示速度が遅い場合は、ぜひ今回ご紹介した「改善方法」をお試しください。

以上、くらいむでした!


あわせて読みたい

\リットリンクの危険性を考察しています/
複数アカウントのまとめサイト。「ドメインパワーUP」の効果も見込めて「SEO対策」にもなります。

【lit.link(リットリンク)は危険!?】SNS管理ツールの危険性を検証・被リンク効果は?|簡単無料・オシャレにSNS管理ツールを作成!|
【lit.linkは危険!?】お洒落と評判なツールの危険性を検証・被リンク効果もある?|

続きを見る


あわせて読みたい

\Google Adsenseの合格を目指す方へ/
⇓筆者のアドセンス合格の考察記事です⇓

【Googleアドセンス】合否にアフィリエイトリンクは関係なかった!?

続きを見る


-Blog, ブログ
-, ,